✂歴史に学ぶ学徒たれ
あめつちの初めは今日より始まる(北畠親房)

北畠親房(きたばたけちかふさ)公 北畠親房公は、鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿(1293〜1354)。 神皇正統記という書物を著し、南北に分かれてしまった天皇家の正統を明らかにしました。 いわば、ブロガーの草分け。大先 […]

続きを読む
✂歴史に学ぶ学徒たれ
歴史を学ぶ意義

歴史を学ぶのは人間がやることには再現性があるから 歴史は繰り返すとよく言われますが、歴史を少し勉強すると、驚くほどに人間とは変わっていない生き物なのだと感じることが多くあります。 平成31年間の中で、日本を揺るがしたあの […]

続きを読む
✂歴史に学ぶ学徒たれ
平安京は東京よりデカい

京都ではなくて平安京と呼んで 京都ってバカでかいですよね。地図に乗っけると、鴨川と桂川の間のでっかい三角地帯をまるごと都にしちゃった感じです。当時の人口は約500万人から700万人と言われる中、こんなバカでかいものを作っ […]

続きを読む
✂歴史に学ぶ学徒たれ
日本の政権運営はいつの時代もぐだぐだであるという説

政権のグダグダ感 筆者@政治ウォッチャーです。実は最近まで東日本大震災は人災でそれは2009年308議席獲得して華々しく誕生した民主党の政権運営のまずさだと思っていました。 しかし、2012年に安倍自民党に政権が戻り、そ […]

続きを読む
✂歴史に学ぶ学徒たれ
アレクサンダー大王かく戦えり

ガウガメラの戦い おはようございます。図は紀元前331年、ガウガメラの戦いの見取り図です。世界の半分以上を支配していたペルシア帝国と新興のマケドニアの若きアレクサンダーとの最終決戦、古代オリエント、アレクサンダー大王が大 […]

続きを読む