YouTubeチャンネル登録もお願いします©2013/08- 上田海事代理士事務所

日本銀行が日本国債を買いまくって長期金利0%を実現するという衝撃

崩壊への序章?

おはようございます。

2016年2月の配信記事です。

2016年2月の証券市場で国債価格が急上昇し、
ついに長期金利がゼロになったとの
ニュースが巡りました。

長期金利、つまり指標となる
日本国債10年標準物の金利が0
ということは、

今日から明日の一日の金利が0、
明日から明後日の一日の金利も0、
明後日から明々後日の一日の金利も0、

…というふうに

ずっと今後10年間にわたって
区切られた短期金利
(それが1日ものでも1ヶ月もの
でも構わない)
がゼロで推移すると
市場参加者(投資家)が
考えていないと出ない数字です。

つまり、全く成長しない、
とみんなが考えていることに
なるのです。

物凄いことです。

長期金利が0%になったということは、
物価を安定的に推移させるという
日銀の目的は完全以上に
達成されたということになります。

といっても、今の日銀は、
人為的なインフレを起こさせて、
消費者や企業に対し投資や消費の
気分を促す物価上昇目標2%という
政策を導入しているところ、
皮肉なものであります。

ここに来ますと、株式とは、
ある額で購入した株券の
年間の配当で
考えた配当利回りが、
その企業の倒産もしくは
不配当のリスクと
同値となるということにもなります。

高配当利回りの株式は
マーケットを探せば5%程度
のものならぞろぞろ見つかるので、
時間をかけて少しずつ株及び外貨に
分散したほうがよいかもしれません。

ここまで来ると現金と国債で何が違うのかわからない

それにしても、例えば額面1万円で
クーポン(利札)がゼロの10年国債を
印刷した紙というもの、それは
「現金」である「日本銀行券」と
何が違うのかという気がします。

10年後に額面と同じ日本銀行券と
交換できる紙であり、
政府が発行する紙幣、
「政府紙幣」と言い換えて
何か違うのかという話です。

このように、通貨と債券という
分水嶺すら
曖昧となるこのゼロ金利という現象、
未体験の経済社会に突入した
何よりの証拠と思います。

いろいろ書きましたが
負け組投資家からは以上です。

(平成28年2月10日)

(平成29年2月追記)

2017年2月、市中国債の日銀の保有割合が
4割を超えたというニュースがありました。

日銀の保有国債残高は2017年1月末時点で
358兆1977億円となり、
国債発行残高(1月末時点894兆3357億円)に
占める比率は4割を超えているとのことです。

多すぎて想像もできない金額です。

SNSでフォローする