個人の見解であり実在の組織等とは何ら関係ありません

投資しないのではなく現金に投資するという考え方について論述します

                                        YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews

おはようございます。

2017年3月の投資に関する配信記事です。

いつもは投資の話をしていますが、今日は投資しない、現金という投資という話をしたいと思います。

現金とは要するにキャッシュであり何にも投資していない状態と言えますが、逆にいうとリスク資産に投資していないという「投資」とも言えるのです。

世界的信用不安や景気後退が起こっている場合、どの国・地域の株や債券も下落していて、その底も見えないという場合、何よりも大事なのはキャッシュであり、また投資している株や債券を売却して現金に変えておくという行動が取られます。

究極の形は要するにタンス預金です

つまり、リスク資産は何も信用できないので、とりあえずキャッシュで持っておこうということです。

現在の日本では特に普通預金金利はほぼ0で、一見して非常に不利な状態だと見ることもできますが、相場が下落し尽くして再度投資したい場面になったとき、それまで確保したキャッシュの量がモノをいう状況になります。

銀行すら信用できないという場合は、現金をそのまま自宅や貸金庫に保管するという、タンス預金と呼ばれるものにすらなります。

ここは、含み損が拡大していく現状をただ呆然と見ているのではなく、キャッシュへの投資と考え、現金を貯めこんでおくという消極的投資についての効用もきちんと理解しておくべきだと思います。

損切りして減らされた現金残高を見せつけられるのは忍びないところですが、次の勝負のために、戦力を温存しておくことが肝要です。

下落相場に付き合いつづけて被害を拡大することの無いように気をつけたいものです。

ところで、持ち合わせの少ない筆者からは以上です。

(平成29年3月1日 水曜日)

▷▷次のページは

世界大学ランキング(2018年)が発表され日本の大学の地盤沈下が鮮明に

SNSでフォローする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。