個人の見解であり関連する組織等とは関係ありません

天皇陛下がお気持ちを表明した覚えておくべき平成28年8月8日のこと

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews

おはようございます。

日本国民として重要なことなので日付を和暦で記しておきます。

平成28年8月8日(月)15時に、天皇陛下の直接の言葉によるお気持ちが動画と文章(日本語と各国語翻訳)で表明されました。

文章としても極めて格調高く、そのまま入試問題や憲法の試験問題にもできる名文だと思います。

天皇陛下が、皇太子の時代から全力で、まさに全身全霊をかけて日本国憲法に定める象徴としての天皇のあり方に思いを致し、公務を務められてきたのか、国民の一人として改めて感じ感動しました。

特に日本の僻地と言われる地方に激務の中皇后陛下と共に訪問を続けられました。

天皇陛下のお言葉です

「国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、この認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした」

というのは、まさに日本国憲法第1条にいう、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であるという姿を追求してこられた陛下の心からの言葉だと思います。

国民の一人である筆者も、旅が好きですからいろいろと回る中で、ここは先帝の昭和天皇が巡幸されたところだの、今上天皇が皇太子殿下であった時分にこられたところだのといった話を聞くにつけ、いったいどれだけの時間と労苦を国民に注いでいるのか驚嘆するものです。

東日本大震災における計画停電の折には、皇居がある千代田区は対象外地域であることにもかかわらず、国民と困難を分かち合うことこそ天皇の務めというご意向を示され、皇居も停電時間に合わせて全電源を落とすという対応をなされました。

象徴という存在はとても困難なものです。

ハトは平和の象徴、パンダは日中友好の象徴といいます。

しかし、人間はやはり同じ人間にこうした困難な象徴という立場を期待するのです。

ともすれば過大にストレートになりがちな、このような国民の期待に、全力で応えようとされそして実践されてきた陛下が、こうした象徴天皇制のあり方について、国政に関する権能を有しないという前提の元でお気持ちを述べられたことは、国民側にとって相当に重い課題であると思うのです。

象徴としての天皇の公務が途切れなく続き、国民の安寧が図られること、天皇の終焉による国民経済生活の停滞こそ、陛下のもっとも気になされているところだと思います。

したがいまして、この今上陛下が特に望まれる天皇位の譲位については、国民の代表としての国会やそれを受けた行政機構である内閣に対し、最大限の敬意をもって遂行してもらいたいと願うものです。

本日は事案の性質上、締めは特にありません。

ただ困難は分割せよ、というのみです。

こちらからは以上です。

(平成28年8月10日 水曜日)

SNSでフォローする