個人の見解であり関連する組織等とは関係ありません

姫路城と御着(ごちゃく)城址@2015年始中国地方への旅

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews
姫路城

おはようございます。

2015年1月の記事です。

2015年の年始旅行編続きです。

鳥取砂丘から後は、鳥取の奥地での雪の中の宿泊でした。

よく車で事故を起こさなかったと感心する雪道運転を経て、
まるでムーミンの世界のような幻想的な宿泊施設に到着し、
朝は雪かきと車の屋根の雪下ろしを行い出発しました。

目指すは「福岡」の生みの親、2014年大河ドラマ軍師官兵衛の
生誕の地である姫路です。

姫路城は平成の大改装中でした。

まさに白亜の殿堂といってよい威容です。
大天守の中は内装工事中(という言い方は適切ではないかも
しれませんが)ということで、入ることはできませんでしたが、
長大な渡り廊下をくねくねと探検し、広い本丸二の丸から様々な
角度で大天守を仰ぎ見ることができ、大変満足でした。

満足以上に足が疲れました。

姫路は、確かに黒田家の居城だったのですが、
豊臣秀吉が西方毛利攻めの居城として入城してから、
西の防衛の拠点として、時の権力(織田豊臣徳川と変わりますが)
によって重視された結果、城の普請は進み、
城下含めて巨大となり威容を誇っていった一方、
藩主は数年で改易され、事実上江戸幕府の直轄地に近い
取扱いを受けたという説明でした。

なお、記帳台に「福岡県福岡市」などと記帳したところ、
「おっ、官兵衛の晩年だね」などと話しかけられましたので、
「ええ、その頃は如水ですが」なんて無駄に張り合ってしまいました。

まだまだ私も若いようです。

申し訳ありません。

御着(ごちゃく)城跡

御着城址

さて、次に官兵衛までが当時使えていた小寺政職の居城である
御着城も、一緒に見てまいりました。

鼻を赤くした片岡鶴太郎が扮した「思案の、しどころじゃのぉ~」という
(そして必ず間違える)小寺政職の台詞が耳に残っております。

こちらは、本丸は小さい公園兼姫路市の出張所となっており、
二の丸においては少年野球などにおあつらえ向きの小さな
グラウンドとなっておりました。

主従の逆転とはいえ、姫路城は国宝として現代貨幣換算で
数百億円の費用をかけ大改修を行っている一方、
御着城は公民館のような建屋のみで、あとは土くれのままの
グラウンド、という状況に、まさに盛者必衰の理を目のあたりに
致しました新春の或る日でございました。

そんな、改行が少ないと読者からのリアルなご指摘を頂きました
筆者からは以上です(明日から戻ります)。

(平成27年1月11日 日曜日)

SNSでフォローする