個人の見解であり関連する組織等とは関係ありません

アインシュタインの重力波を皆の力を結集して初観測した世紀の大発見

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews
時空のゆがみ?

おはようございます。

2016年2月の配信記事です。

人間の好奇心は留まるところを知らず、
そうした知識の探求とはそれで仕事に
なるとか儲かるとかとは
別次元の純粋な気持ちで
あることのようです。

米国などの国際チームが、
20世紀最大の科学者の一人である
アルバート・アインシュタイン
(ドイツから米国へ亡命)が
一般相対性理論の発表の中で
言及し予言した「重力波」の観測に
世界で初めて成功したとの報が
世界を巡りました。


相対性理論は時空のゆがみの理論

一般相対性理論の要点は、
重力が時空を歪ませる
ということです。

非常に重い物体の前では、
光が折れ曲がりますが、
これは重力場による時空のゆがみに
沿って光が流れただけで
あるというわけです。

重いもののそばでは時間の
進みは遅くなり
光速になると別の空間同士の
移動時間がゼロ、
すなわち瞬間ワープになります。

物体が加速する時、
その物体にはG(重み)が掛かります。

また、物体が地上に置かれた時にも
その物体にG(重み)が掛かります。

相対性理論によると、
この2つのGは同じものなのです。

厳密には、慣性質量と重力質量の
「等価原理」となりますが、
これが特殊相対性理論と
一般相対性理論の共通の
考え方となります。

そしてブラックホール

さてブラックホールのような
非常に大きな質量の天体から届く
そうした重力による
時空のゆがみを、
まさに波のように伝わってくる
そうした現象として、
実際に地球上にある
これまた巨大な観測装置を使って
その非常にわずかな変化を
観測することに成功したのです。

実に太陽と地球との距離に
引き伸ばしても
水素原子1個分程度と
言われる程度の重力波による
空間のずれを検知するとは、
まさに宇宙的大事業の成果ですが、
実際に理屈の通りにことが
運ぶというのは
大変すっきりするものです。

ブログ読者はなかなか理想どおりに
増えず、記事のアイデアはいつも
ブラックホールに消えていくように
感じる筆者からは以上です。

(平成28年2月12日)

SNSでフォローする