個人の見解であり関連する組織等とは何ら関係ありません

飛行機の中でWifiがつながり座席が職場になる日も近いのではないかと思う話

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews
機上の眠り人

おはようございます。

2014年9月の記事です。

既に新幹線などでは車内運行中のWIFI通信とコンセントによる電源確保が実現しておりまして、新幹線の中はまさに職場としてメールの送受信やインターネットでの検索や調査が可能になっております。

2014年の9月1日から、空の航空機においても、WIFI搭載と離着陸時の電子機器利用への可能性が開け、一部の運行会社ではかなりフリーな状態で電子機器を利用し情報のやり取りができる事例が広がっているのでご紹介したいと思います。

本当はこのようなことを書くと、飛行機の空の上では通信不可ということで時間を稼げたのですが、そういうわけにも行かなくなってしまうのでどうしようか迷いました。

しかし、そもそも仕事を受け身で考えているからそのような思考に陥るのだとここは心を決めて、前向きに攻めの姿勢で捉えていきたいと思います。

具体的には、航空行政を所管する国土交通省が、「航空機内での電子機器使用についての一部制限の緩和」を発表し、それが9月1日より実施されています。

これまで離着陸時に利用できなかった電子機器や、使用を大きく制限されていた電波を発する機器の利用範囲が広がっています。

もちろん、実際に搭乗する航空機内で使用可能な機器について各航空会社に問い合わせるようにとの条件付きですが、これまで、とりあえずドアが閉まったら電子機器の電源は切っておく、電波を発しない機器はアナウンスが入る離着陸前後の上空飛行中しか使えないといった一律ルールは、各航空会社の判断により、柔軟に対応されていくはずです。

例えば、機内無線LANシステムを搭載した飛行機であれば、飛行機に乗っている間は無線LAN搭載のノートPCは常時使えるということになります。

こうした環境変化を認識し、機上の人となった場合でも何らかの作業進捗を図ることができることを考慮に入れておくことは、企業人として必要なリテラシーと言えましょう。

といいつつ、機上の人でも机上の人であっても、眠気が襲ってなかなか生産性が上がらない筆者からは以上です。

(平成26年9月16日 火曜日)

SNSでフォローする