個人の見解であり関連する組織等とは関係ありません

薄いんだけどカメラが飛び出す仕様にこっそり変わったiPhoneの話

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews
カメラが飛び出す

おはようございます。

2014年9月の記事です。

少し前のバージョンの話です。

予約が開始され、発売日に手に入れることが確定した方も多いと思われるiPhone 6/iPhone 6 Plusです。

端末の大型化と薄型化が注目されていますが、一点だけ、どうしても気になる部分がありました。

カメラ部分の出っ張りです。しかし、製造元のApple側でこのことについての公式なコメントはないようです。

特に、この新製品を横から見た図について、カメラのレンズ部分が出っ張っているのを確認できないようになっているのはミスリードだと思います。

レンズ部分の出っ張りは、そのままこのデバイス端末を使うものにとっては結構障害になることが予想されます。

レンズ部分は、操作する画面部分とは反対についていますから、当然床やテーブルに直接触れることになります。

これまでのiPhoneシリーズでは少なくとも妙な出っ張りはなかったので置くことは簡単でしたしストレスもないのですが、カメラ突起部分が引っ掻いて、柔らかい素材の木のテーブルなんかに傷でも付けようものなら結構ショックではないかという気がするのです。

これだけで、テーブルに置いたりする際にストレスになってしまうような気がします。

出っ張らせたのに哲学があるならば、それを語れば良いのですが、今のところそうした話はないので、技術的な限界だったのかもしれません。

しかし、限界を超えてきたのがAppleという会社なので、じょぶず、という「昔いた人」ならばカメラの突起を出さない技術を持った会社を買収してでも、発売日を遅らせてもフラットなデザインに拘ったかもしれません(会ったこともない人ですから、全く当方の想像です。)。

全体を一ミリ厚くしてその分バッテリーを強化したほうがよかったのではないかとも思ったりします。

今のスマホの一番のボトルネックは多機能性より電源問題だと感じるからです。

顧客は、メーカーの前向き挑戦のミスには寛大です。

かつてiPhoneでも、特定の持ち方をすると、急速に電波を拾えなくなるといった問題などがありました。

これは躯体強化の金属枠をアンテナとして流用しようとした挑戦の結果であり、その改良により顧客の支持も回復しました。

しかし、同じ顧客は、思想なく妥協の産物だったと感じられる点には徹底して冷淡になります。

いろいろ書きましたが、ともあれ、世界中の消費者に、新商品の発表前からあれこれ予想され、未確認リーク情報が飛び交い、発表と同時に世界中の一次販売店で予約が受け付けられ、発売当日は3日徹夜の行列待ちなんてざらのフリークがハイタッチ!でヨロコビに目を輝かせて購入していくので発売後はしばらく世界中で品薄になってしまうというような、そんなお化け商品はめったにありません。

お化けといえば日本では妖怪ウォッチというのがそんな現象を生んでいるようですが、妖怪といえばゲゲゲの鬼太郎しか認識できず、予約して並んで買ったといえば、小学生の時のドラクエを思い起こす筆者からは以上です。

(平成26年9月18日 木曜日)
SNSでフォローする