個人の見解であり関連する組織等とは何ら関係ありません

晴れ間の戻った来島海峡大橋を臨む@2014年8月高知遠征

                                        ビルメン王YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews

おはようございます。

2014年8月の高知遠征の帰途です。

写真は来島海峡大橋です。

すなわち高知県高知市から愛媛県今治市に到着しました。

高速道路が使えないので、四国最高峰の石鎚山の近くの峠を通り、一般道での山越えを果たしました。

青い空、白い雲、これぞ夏の瀬戸内海です。

思わず素振りしてしまいそうないい天気の下ですが、後にしてきた高知の水害がまだ続いていることに思いが至り、複雑な思いがいたしました。

無事にここまで来れたことに感謝しなければなりません。

雨の降っていないところに来ただけ

雨が止んだわけではなく、我々が雨が降っていないところに来ただけなのですから。


今治市、今は造船で世界に有名ですが、その昔は村上水軍と呼ばれた海賊の根拠地です。

瀬戸内海に浮かぶ伯方島という島は、古来より良質の塩の産地として知られ、伯方の塩というブランドで今も有名です。


さて一路博多まであと数時間、橋を渡って戻ろうと思います。

伯方島の塩を博多の塩だと思っていた筆者からは以上です。

(平成26年8月4日 月曜日)
SNSでフォローする