YouTubeチャンネル登録もお願いします©2013/08- 上田海事代理士事務所

プレミアムな単価の高いビールを買ってダイエットに邁進するという話

1本86円ですから350ml換算で223円

おはようございます。

2014年7月のプレミアムなビールの配信記事です。

本日は贅沢なお話を致します。

筆者は少し前に、ビールや日本酒は糖質が多いのでダイエットするならば焼酎やできれば白ワインなどを飲むのがよろしいなどと申し上げておりました。

申し上げておりながらいうのもあれですが、やっぱり最近暑いじゃないですか。

特にそんな炎天下において、施主様の[無茶じゃないけど割に厳しい]ご要望にお応えできたときなどのお褒めの言葉と自らの満足感なんかは格別ですので、そんな夜にはプハーッと一杯やりたいのが人情です。

ここで白ワインを先に飲んでから炭酸水を流し込んでお腹の中でスパークリングにしてみても、今ひとつ盛り上がりませんので、やはりニッポンの誇るできたてホヤホヤ冷蔵配送の缶ビールで一杯やりたいものです。

ということで、暑い夏の到来と共にビール消費もうなぎのぼりの筆者であったことを告白しましたが、これではお腹がビール樽に近くなってしまいますので、なんとかせねばと改めて思ったのです。

思えばビールという飲料は、取り置きがきかない商品なのです。

焼酎やウィスキー、ジンやウォッカといったアルコール濃度の高い酒類は常温での貯蔵に耐えますから、「適量飲む」ということが容易です。

しかしながらビールは「飲みきり」なのです。

残すという手もありますが、それは勿体無いと言われて育った昭和世代には土台無理な話です。

一念発起して単価の高いビールを買ってみるという決断

そこで、缶ビールの在庫が切れた時に一念発起しました。

なお筆者はこれまで、缶ビールは350mlか500mlしか買ったことがありませんでした。

しかし、博多祇園山笠の追い山の後に参加した直会(なおらえ:打ち上げに類するもの)に出てくる135mlの缶ビールが記憶にありましたので、それを求めて近くのスーパーに出向いたのです。

缶ビールコーナーの棚を見ると、500ml、350mlのまとめ買いの棚の横に、ひっそりと買ったことのない250ml、135mlの缶がおいてありました。

しかし、250mlサイズは、350mlと缶の大きさが明らかに違うくせに(背が低い)、値段はほとんど変わらないのがどうしても気になって買えませんでした。

横の350mlバドワイザーのほうが安いくらいです。

そうして、しばらく悩んだのですが、人生で初めて、135mlの缶ビールを購入しました。

3口ぐらいで飲めてしまいそうで、確かにちょっと飲むにはちょうどいいサイズです。

当然、単価は高いので、かなりプレミアムな買い物になりました。

贅沢なビールです。

これで、どうしても飲みたい時やリミット解除のフィーバー時には350ml、すこしだけ飲むことで制御できる日には135mlと使い分けてみようと思います。

バランスを取ろうと500mlも買おうとしてしまった、いつもリミット解除でフィーバーしてしまいそうな筆者からは以上です。

(平成26年7月24日 木曜日 最終更新:平成28年7月24日 日曜日)

SNSでフォローする