YouTubeチャンネル登録もお願いします©2013/08- 上田海事代理士事務所

(2014/07/09)台風に注意する季節になりましたので注意点などを少し書いておきます

台風一過となるか

おはようございます。

2014年7月の台風に関する記事です。

この記事は2014年7月に書いておりますが、7月に来る台風としては最強クラスの台風8号が日本列島に接近し、沖縄は既に暴風雨となっているようです。

台風は主に7月から9月にかけて発生します。

気象庁によりますと、単に熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち主として北西太平洋地域(赤道より北で東経180度より西の領域)にあって、かつ域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びという定義です。

なので同じようなものでもオーストラリア方面で発生するものはサイクロン、北アメリカで発生するのはハリケーンと呼ばれます。台風は世界語(タイフーン[typhoon])なのです。

台風は上空の偏西風に流されて動きます。

また地球の自転の影響で北に向かう性質を持ちます。

すなわち、赤道付近では東風が吹いているため台風は西に流されながら次第に北上し、ちょうど南西諸島をかすめながら今度は進路を北東に変えて日本列島を襲うという、まことに我々にとって面倒な進路を取ることになるのです。

日本列島は地震火山に台風と自然災害のオンパレード

われわれが住むこの日本列島とは改めてプレート沈降による地震、火山に台風とまさに自然災害と隣り合わせのところでもあるのです。

さて台風は中心の目に向かって同心円上に風が吹き込むのですが、台風それ自体の進行と地球の自転の関係から、真上から見ますと反時計回りに風が回りながら吹き込むという性質を持っています。

そして、進行方向に向かって右側の半円では、台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が更に強くなります。

逆に左の半円では台風自身の風が進行方向とは逆になるので、右の半円に比べると風速が若干ながら小さくなります。

ゆえに、台風の目が日本列島の北側、ちょうど日本海を舐めるように通過するような場合に、列島への被害は最大になるということになります。

台風の上陸は恐ろしい事態ですが、台風の目の右側はより厳しいということを、台風進路予想図をご覧になる際に思い出していただければと思います。

気象予報士ではありませんが、高校時代は山岳部で天気図を書いていた者からのワンポイントアドバイスでした。

雨男の筆者からは以上です。

(平成26年7月9日 水曜日)

▷▷次のページは

(2015/02/23)不老不死を願い続けた始皇帝が最後に葬られた死後の都始皇帝陵を語る(一度しかない人生)

SNSでフォローする