YouTubeチャンネル登録もお願いします©2013/08- 上田海事代理士事務所

今更聞けない株式投資で利益が出てくる根本的な仕組みについて

おはようございます。

2017年1月の記事です。

株式等で投資する「原資産」つまり為替や株式会社そのものですが、ではそれらがどのように利益を持ってくるかという根源的な課題に迫ってみたいと思います。

株式会社を例にとります。

株式会社という組織体は、いわばブラックボックスです。

この会社の均一的細分的持分、である株式が1単位あたりいくらで取引される額が株価であり、その株価はその1単位の株式が将来的にいくらの利潤を上げてくれそうかという期待値から算出されます。

ということで、将来的に上げる利潤、というのが根源的な価値ということになります。

今すでにある存在ではないのです。

逆に今「有名すぎる」銘柄は、今がピークで、例えば組閣当初の某国内閣支持率や大統領支持率のように、あとは下がるだけが通例とも言えるのです。

さて、将来、といっても企業は会計年度ごとに決算を行い利益や配当を確定されますから、将来の各決算期の平均的な利益の寄与度、ということになります。

利益とは売り上げから経費を引いたただの差分概念

利益、とは、売上から経費を引いたものです。

この経費、には減価償却費や税金などの固定費、売上を上げるために一定割合で必要な変動費とありますが、まずは経費が先に取られるというところが重要です。

銀行からの借金の金利も経費、公租公課はもちろん経費、つまり、お上や銀行さんは我々株主よりも先に経費としてお金を取るのです。

ここが今回の一番のポイントとなります。

したがって、政府や銀行とよい関係を(少なくとも悪い関係ではない)築いているというのは、投資にあたっての非常に大切なポイントとなります。

それらを控除した最後の手残りが、利益ということになります。

これが株主への配当か、その株式自体の価格の上昇という形で、株主に還元されるというわけです。

初歩の投資のお話は以上です。

(平成29年1月14日 土曜日)

SNSでフォローする