個人の見解であり実在の組織等とは何ら関係ありません

古くなってきた無線LANルーターをそろそろ交換して快適通信環境にした話

                                        YouTube動画はこちら
https://www.youtube.com/c/BirumenkingNews
通信速度

おはようございます。

2016年3月の通信環境に関する配信記事です。

自宅で使っていた無線LAN端末の調子がどうもおかしくなってきました。

もう数年使っているので買い替え時なのかもしれません。

パソコンでブログ作業をしていても、瞬断というか突然インターネットに接続しなくなり、せっかく書いていた文書が失われてしまったり、動画データやファイルデータをカメラやパソコンから直接クラウドにWIFI経由で流しているサービスなどにおいて、連続した接続状態がどうも不安定になり、肝心な部分の時間帯での動画が見れなくなったり、ファイルが飛んだりするようになってきてしまいました。

無線LANルーターには、PCやスマホとの相性があるようで、いくら高い無線LAN端末を買い求めたところで、相性が悪ければ公称性能を十分楽しむことができません。
むしろ、1世代か2世代型番が落ちたとしても、それだけの時間、多くのユーザーの目に晒され、歴史の評価に耐えた端末を求めた方が、結局無駄にならないような気がしています。

そこで新しい無線LANルーターを購入

そこで、筆者は現在の無線LANの公称通信速度より少ない速度の汎用機を数千円で購入して設置しました(お金がないというのもあります)。
300Mbpsといいますので、1,000Mbpsを軽く超える帯域の高性能製品に比べると公称性能は見劣りします。
しかしながら、ギガ回線として1,000Mpsを超える場合には5G回線を使ったほうが速度が出ますが、この5G回線、障害物や壁などを突き抜ける力に弱く、その分なにもない直線では強い接続性能を示しますが、離れた部屋からはこれまでの2.4Gの帯域を利用した方が使い勝手が良いと思います。
筆者の新しく設置した端末での実測下りダウンロード速度は40Mbps程度でした。
これくらいあれば十分作業することができます。
環境は整いましたので、あとは自身の執筆能力のみがボトルネックになった筆者からは以上です。

(平成28年3月7日 月曜日)
SNSでフォローする
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。