YouTubeチャンネル登録もお願いします©2013/08- 上田海事代理士事務所

Webフォントでも記事をスムーズに表示できるようになってきました

フォント

おはようございます。

2016年2月の記事です。

筆者のこのブログ記事もそうでしたが、
この文章も各ユーザーの
皆さんのお使いのデバイス端末ごと
に少しずつ表示が違っております。

もともと、webのブラウザは、文字を
表示する際には使うユーザー毎の
端末にインストールされている
フォントを使って文字を表示する
ように仕組まれています。

これは、web上に載せられる情報が
少なかったかつての時代において、
各言語対応が端末ごとに違って
いることを踏まえ、文字については
端末側のフォントを利用するという
ことでサーバー側の負担を軽く
していたわけです。

しかし、端末ごとに対応している
フォントは当然違いますので、
端末側にインストールされている
もしくはされていないフォントに
ついては、表示がずれたり、
ギザギザになって解像度が
落ちたり、もっと悪ければ文字化け
を起こすなどの潜在的な問題も
あったわけです。

web上の文字情報と、呼び出す
端末側のフォントの相性が悪いと、
web情報の読み込みにも時間が
かかり、ユーザー側に非常な
ストレスにもなっていました。

端末固有のフォントによる問題を解決

そんな問題を解決する方法が
webフォントです。
webフォントは、実はすごく簡単です。

これは、サーバー上にフォント
ファイル自体を置いてしまい、
端末にもそのサーバー上の
フォントを使って表示させる
という進歩的技術です。

もちろんですが、
実装当初は、サーバー側から
フォントを端末側にダウンロード
する速度が遅く、なかなか
表示されずに遅いといった
声もありました。

しかし、最近では
漢字という複雑なフォント種類を
持つ日本語についても、
相当高速、場合によっては
相性の良い端末フォントより
表示が早いといった状況まで
品質が向上してきました。

かかる状況をふまえ、
本ブログにおいても、すべての
文字情報につきwebフォントに
移行していきたいと思います。

しかし、具体的にどのWebフォントが
いいかと言いますと、まだ迷いもありますので、
あくまで予定とさせていただきます。

Webデザインに制約が生じると
いうこともございません。

皆さんの端末に対し、均一した
高品質のフォントで記事をお届け
致しますので乞うご期待ください。

記事の中身の保証は
致しかねます筆者からは以上です。

(平成28年2月18日)
SNSでフォローする