ゴミを拾う大谷翔平選手

大リーグ関係の報道者が、一塁にフォアボールで進塁する大谷選手が路上に落ちていたゴミを拾う姿をキャッチしていました。

大谷選手は、高校一年生時に決めた目標設定の中で、「運」を掴むためにゴミ拾いをすると決めて、以来(というかそれ以前から)ずっと習慣にしています。

グラウンドにゴミが落ちていた、一塁に歩く大谷選手は、もちろんこれを拾う。こいつは凄いな!

大リーグでホームランキングになれなくても、ゴミを拾うことは私でもできます。私もこまごまとした家事や炊事や掃除をおろそかにしないよう、できれば楽しんでやりたいと思いました。

以上