キルギス人と日本人(似た者同士)

キルギス人と日本人は、顔や見た目が似ているのみでなく、遺伝子や名前なども似ていると言われています。では何故2つの民族は似ているのでしょうか。1説によれば、キルギス人と日本人は同じ祖先であるということですが、この説はかなり信ぴょう性の高い説のようです。

キルギスの正式名称は「キルギス共和国」です。通称キルギスは中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家で、首都はビシュケクです。キルギスは、1991年にソビエト連邦が崩壊すると同時に誕生した共和制国家で、同時期に独立を果たしたカザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンとともに中央アジアを形成しています。

キルギスと日本には、古(いにしえ)の祖先の時代からそれぞれ似た神話が存在してきました。キルギスの神話では、「キルギス人と日本人は兄弟で、肉の好きな人がキルギス人となって残り、魚の好きな人が海を渡って日本人となった」というものです。

一方、古事記や日本書紀に代表される日本の神話では、「弟の山雪彦は獣を獲り、兄の海雪彦は魚を捕っていた」というもので、「どちらの神話も似てる」と言われるのは頷(うなず)けますし、キルギス人と日本人は顔や見た目も良く似ています。キルギス人は、日本人同様、黒い髪や黒い瞳、黄色の肌を持つモンゴロイドという人種に分類されています。