経営芸人のウソ仕事

経営芸人のウソ仕事

創業直後は素晴らしい業績なのに、その後に失速してしまうスタートアップが多くいます。

なぜかというと、起業プログラムや投資家プレッシャーによる緊張感がなくなって、起業家がウソ仕事に取り組んでしまうからです。

ウソ仕事の例として、創業者個人に焦点を当てたプレス活動やイベントへの参加、ブログ執筆、起業コンテストへの出場や受賞などが挙げられます。

こうしたウソ仕事が危険なのは、本物の仕事よりもはるかで簡単で楽しく、よくわからないけど賞賛される、ということです。

そうして事業本来に必要な力を失っていくのです。

本物の仕事は、企業の成長につながる仕事です。

具体的には商品を含むサービス開発と営業セールス、そして人材採用、関係者の開拓です。

これらだけに集中するようにしてください。

そして熱意を維持することを忘れないでください。

熱意さえあれば、多くの問題は無視できます。

しかし熱意がなくなると起業家は息切れしてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうなると、取り戻すのはとても大変です。

なので熱意を失わないことが、スタートアップの掟の一つです。

起業プログラム期間中に言われたことを続けられている企業が、その後も成長しています。

愚直にやるべきことを続けましょう。

歴史に名を残した人は皆、熱意を養分に成長し、熱意を燃料として人生を燃やして生きました。

空海、玄奘、吉田松陰、そして卑弥呼や持統天皇…

もし、起業プログラム中に、熱意が切れるようであれば、あなたは起業には向いてないので、さっさと他を当たった方がよいです。

以上