(2014/06/14)フライングダッチマンが欧州王者のスペインを5-1で破る2014W杯開幕戦

開幕戦
おはようございます。 2014年6月の記事です。 2014年W杯のスペイン対オランダ戦の話です。 これは2010年南アフリカ大会の決勝戦と同じカードが、くしくも昨日行われた2014年ブラジル大会のグループリーグ一回戦で実現したのです。
数年負けなしの無敵艦隊スペインに、オレンジ軍団オランダが挑むという構図と思いきや、オランダのスーパープレイの連続で何と5-1のオランダ勝利に終わりました。
PKでスペインに先制点が入った後、前半終了直前、大きく入ったロングフィードにFWファン・ペルシーが反応、まさに空中を滑空するがごときのジャンプで、そのままゴールキーパーの頭を越すヘディングシュートを叩き込みました。

ヨハン・クライフを彷彿とさせるフライング・ダッチマン

まさに、かのヨハン・クライフも驚きのフライング・ダッチマン[空飛ぶオランダ人]でした。
後半に入るとすぐ、オランダFWアリエン・ロッベンへの浮き球のパスが見事にはまり、二人のスペインDFを翻弄したロッベンは身体を返してシュートを突き立てました。 あり得ん動きに見ていて衝撃を受けました。
その後もオランダは攻撃の手を緩めず、5得点。 ファン・ペルシーとロッベンはそれぞれ2点を決めました。
W杯よりチャンピオンズリーグの方がレベルが高いという意見もありますが、やはり国を背負う闘いであるW杯の迫力は全然違うと改めて感じました。
日本代表も頑張れ、悔いなき闘いを。
こちらからは以上です。
(平成26年6月14日 最終更新:平成28年6月14日 水曜日)
アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全記事一覧