仮想通貨より米国株投資をおすすめします(2021/06/05)

close up photography of cherry blossom tree

今から仮想通貨を買おうか迷っている人へ

仮想通貨が暴落しています。一時期の最高値から半値以下になっているチャートを見て、わくわくしているそこのみなさん、少し考えてみたほうがいいかもしれません。おそらく、ピークは過ぎてしまったと思います。もともと、生成当時からの履歴電子データをまるごと保持し続けなければならない電子クズなわけで、このシステムを維持するためには、新しく取引を生成するための電力と、これまでのデータを保持するためのサーバー帯域が恐ろしく必要となる、まさに電子ゴミ屋敷なわけです。そんな、ゴミ屋敷化した不動産、誰が買いますか?ビットコインが一時期1ビットコイン700万円を超えましたが、これを超える日が二度と来ないかもしれません(その可能性は高いと個人的には思います)。

おとなしく、裏付けのある資産、例えば債券とか株式にしておいたほうがいいと思います。もちろん、金や商品先物に投下するのも良いですが、それならば、為替のFXトレードで急速に溶かしたほうがまだマシだと思います。このブログでは、株式、それも米国株式をオススメしています。理由は一株あたりで取引できて取引単位が小さいこと、また米国株式市場という、世界で最も厳しい目を注いでいる投資家が集まるマーケットで鍛えられた百戦錬磨の会社が勢揃いしていることです。米国株の中には、50年以上増配を続けているという奇跡の会社も多くあります。そういった会社の方が、配当も産まない、そもそも裏付けとなる資産的なものも全くなく投資の意味は投機にしかない仮想通貨よりよほど健康に良いのではないかと考えています。

以上個人的意見です。それでは、投資は自己責任で大いに参りましょう。こちらからは以上です。

アーカイブ
全記事一覧