壱岐市長が市長選対立候補の支援者を入札指名外して有罪となった事案

詳しくは、以下の記事を見ていただきたいですが、壱岐市長が市長選挙の対立候補を応援していた支援者とその企業を、恣意的に指名外しし、いじめ抜いた挙げ句に同会社は倒産したという、日本の田舎をある意味正しく表している香ばしい事案がありましたので、ここに紹介しておきます。

画像に特に意味はありません。

以上

壱岐市に賠償を認める判決 - 武原由里子後援会

2022/01/18のNHKニュースから。 平成28年、壱岐市の建設会社が、市長選挙で市長の対立候補を支援した