日本政府は2021年1月時点で新型コロナのため五輪中止が必要と非公式に結論=タイムズ紙(2021/01/23)

おはようございます。合同会社鈴木商店です。

日本は、いつも外圧でしか大きな決断ができない国なのかもしれません。

今回も、自国で開催する手筈であった五輪について、海外のマスコミを使って、「自分は無念だけど、やむなく、世界の国々がみんな言うから、外圧によって、謹んで、断腸の思いで、中止せざるを、やめざるを得ない」という形に持っていくのでしょうか。

これは、自分のことを自分で決めない、責任逃れの方便にも見えてしまいます。

率直に申し上げますと、情けない…というところです。

https://jp.reuters.com/article/olympics-japan-covid-idJPKBN29Q35U?fbclid=IwAR3844qSDvfDMYckwr2YglfVdoutZSdBTuPJe-iP61Cy3TNZWzckrKZRfLo

”[東京 22日 ロイター] – 英タイムズ紙が与党幹部の話として報じたところによると、日本政府は、新型コロナウイルス感染症流行のため東京五輪を中止せざるを得ないと非公式に結論付けた。政府は2032年五輪の東京招致に照準を合わせるという”

この「実質的決定」が2021年1月時点で事実上なされているのであれば、この時点で知らせてくれればよかったのに、と思います。こちらからは以上です。

それではまた。

アーカイブ
全記事一覧