当社の見解であり実在の組織団体個人等とは何ら関係ありません

(2020/03/30)日本の誇るコメディアン志村けんが新型コロナウイルスで死去

                  YouTube動画はこちら

おはようございます。

訃報です。

ドリフターズで人気を博した、コメディアンの志村けんが新型コロナウイルス罹患より、亡くなりました。

昭和生まれで、あのお化け番組、視聴率50%超を叩き出した、「8時だヨ!全員集合」をリアルに楽しみに見ていた世代の筆者からすれば衝撃でした。

享年70歳。

ちょっと若すぎます。

筆者は、テレビではこのドリフターズや俺たちひょうきん族、漫画では少年ジャンプという、週刊漫画誌としては前人未到の600万部出版を出していた、お化けコンテンツを浴びて育った世代ですので、志村けん逝去のニュースは、かつて、ジャンプ誌上の筆者たちのあとがきで、かの「漫画の神様」手塚治虫が亡くなったとき、ほぼ全ての漫画家たちが、手塚先生の追悼の言葉を載せていた、あの時の状況以来の衝撃でした。

政府首脳にも、本件は重く届いているようで、菅義偉官房長官は2020年3月30日午前の記者会見で、「報道は承知しており、大変残念だ。心からご冥福をお祈り申し上げる」と述べたくらいです。

全員集合のメインコントで、いつもいつも、子供達から「志村!後ろ!後ろ!」って、呼び捨てで呼ばれても、「笑ってるんだからいいだろ。」と返していたことを思い出すと、涙が止まりません。

映画俳優の仕事を受ければ、仕事が山のように来るはずなのに、自分は芸人であるという矜持をもって、映画俳優たちを尊重して、その分野にはいかない、というようなことを話していて、本当のプロだったのだなと思い知りました。

誰が一番お客さんを笑わせることができるか、どんな芸ができるか、常に考え、周囲には気を遣い、さりげなく援助の手を差し伸べる、このような生き方を参考にしていきたいと思いました。

人生の多くの場面で、明るく朗らかに笑わせていただきました。

まことに、ありがとうございました。

稀代のコメディアン、昭和の喜劇王、筆者の中ではナンバーワンの芸人、志村けんさんの追悼記事でした。

こちらからは以上です。

(2020年3月30日 月曜日)

SNSでフォローする